クリニックの老朽化対策 – 効果的なリフォームで新規顧客の獲得

世代交代と老朽化対策

効果的なリフォームで新規顧客の獲得

はじめに

 近年、クリニックのリフォームに関して内装デザインの重要性や、新規顧客を獲得する方法などの情報が
メディアなどに数多く取り上げられています。

「いい人材が集められない」 「患者様とスタッフ間のトラブルが多い」 「患者様とコミュニケーションがとり辛い」

その中でも特に、患者様が過ごしやすくご利用できる空間づくりを心掛けることが拭えぬ課題になっています。
「患者様のための空間であるクリニックを、清潔感溢れる明るい雰囲気にしたい!」
いくらスタッフや仕組みを改善しても、すぐには直すことのできないクリニックの内装。
診療科目によって内装のイメージやコンセプトが異なり、患者様のプライバシー確保やウイルス感染症対策を
考慮しながら、目指すクリニック像を明確にし、患者様の信頼度や満足度を得ることは必要不可欠な事実です。

当記事では、弊社が数多く携わった各クリニック様のお悩みをかき集め作成しました。
リフォームに関する重要な情報をこれから開業をお考えの医師の方に
また、世代交代としてご両親の医院を継ぐ方にご提供いたします。
弊社が携わった施工事例を交えながら具体的にご紹介していきます。

よくあるトラブル

 まず初めに、クリニックの内装において気を付けるべきことは、お客様が通る動線の分け方や
レントゲンや機械室などの騒音問題です。
現在ではプライバシー保護や衛生面を考慮した、動線分離型やセミオープンタイプが主流であり
機械室の音は防音壁や防音扉で解消できます。
上記の問題に限らず、各部屋ごとの特徴を把握し、設計やデザインを考慮することにより
患者様へより良い空間の心地よさを提供でき、さらにスタッフの業務効率も向上します。

受付、待合室、トイレ

 受付はクリニックにとって一番利用される場所であるため
こだわったデザイン面と安全に患者様とやり取りできる機能面の2つを両立させる必要があります。
例えば、カウンターの高さは患者様を優先し、患者様のご年齢や体格に合わせて決めることが凄く大切です。

 待合室は、手術や診察からくる不安や恐怖を拭うため
リラックスできるよう明るめの壁紙や柔らかい照明を使用することがポイントです。
患者様に快適な時間を過ごしていただくことにより、業務が滞ることなくスムーズなやり取りが期待できます。
これはあくまでも、患者様 対 スタッフ間のサービスが向上するだけであり、あとからお話する
患者様 対 患者様のトラブル対策にはつながりません。

出入り口や患者様がよくとおるお手洗いにはより一層気を付けるべきポイントがあるので以下にまとめました。

Point1 待合室
 待合室の広さは患者様への快適な待ち時間と円滑な受付対応に直結します。
待合室は一番目に見えてクリニックの印象がつく場所であり
患者様にとっては最初の印象が待合室で決まることがあります。
そのため、待合室の広さやデザインを検討する際にはいくつかのポイントが重要です。

 来院患者数の予測やピーク時の混雑を考慮し、広い通路と適切な椅子配置を確保することで、患者様同士のプライバシーを守りつつ、快適な待合室を提供できます。
バリアフリー設計や受付を機能的に整備することにより患者様がスムーズにご利用できます。

 適切な照明や色使い、快適な椅子などを配置し、リラックスできる雰囲気を醸し出すことが求められます。
また、雑誌やテレビ、子供用のスペースなど
患者様が待ち時間を有効に過ごせる工夫も大事です。

Point2 トイレ

 トイレにバリアフリーを設けることは患者様や利用者にとって当然のことながら重要です。
バリアフリーのトイレは、高齢者や身体的な制約のある患者様にとって利用しやすく、下記の項目を配慮することで
患者様に快適な環境を提供できます。

 第一に、トイレの入口や内部の動線を広めに設計し、車椅子の利用者がスムーズに移動できるようにします。
ドアの開閉や手すりの設置など、利用者が安全かつ簡単にトイレを利用できるように
機能的なデザインが求められます。

 第二に、扉の開閉で人とぶつからないように
横にスライドする引き戸のデザインが求められます。
尿検査等でトイレを利用する可能性がある場合は
検尿台やトイレ自体をクリニックの隅のような
少し見えづらい場所にレイアウトする配慮も必要です。

また、おしゃれを求めすぎて床が滑りやすいタイル張りにしたり、汚れてもお手入れしにくいデザインは患者様に
不快感を与えやすくなるので、デザイン面よりも機能面に重点を置くことをお勧めします。


診察室、受付周辺の導線

診療科目にもよりますが、診察室はベッドを置いたり、機材を設置したりと大きなものを置くことが多いので
それらを踏まえたうえで患者様が圧迫感を感じないよう十分なスペースが必要です。
例えば、診察室で全ての診察を終えず、カウンセリングルームや診断室、診察室といった個室にすることで
1室ごとのスペースを確保できます。
また、スタッフルームへの動線も考慮することにより、患者様とスタッフの衝突を防ぎ、ストレスを軽減できます。

診察室は、待合室同様、患者様の居心地の良さを考えることが最重要です。
患者様をご案内しやすいようにドアを開き戸ではなく引き戸にしたり
段差の無いようにスロープ状に設計、ゆったりとした解放感のある空間設計などがポイントです。
衛生状態や清潔感はもちろんのこと、患者様が心を開いてくれる空間づくりに気を配る必要もあります。

Point1 十分な動線の確保

患者様のためのより良い空間づくりを意識しすぎて、働くスタッフが使いづらいようでは本末転倒です。
患者様を意識しつつも、スタッフが滞りなく移動できる設計が大事です。

待合室から診察室までの間、人がすれ違うのに十分な動線は最低限必要です。
体の不自由な患者様のことも考慮し、廊下の幅は広めにとったり、スロープなどのバリアフリー設備を設置するなど
動線は広めに確保するべきです。

Point2 安心な空間づくり
患者様が快適に滞在できる空間を提供するためには以下の8つの対策があります。

バリアフリー

  • ドアは開き戸ではなく引き戸にする
  • 車いすでも楽に出入りできるような工夫をする
  • 段差を無くしバリアフリー設計にする
  • 廊下は車いすが通れるように広めにとる

デザイン・レイアウト面

  • ゆったりとした解放感がある空間設計を心掛ける
  • 壁紙や床を暖かい色や落ち着いた色に張り替える
  • 椅子の位置を玄関と対面しないようにする
  • 患者が対面して座るようなレイアウトを避ける

いつリフォームするのが最適か

毎日予約がたくさんあり、朝から夜までスキマ時間がないクリニックが大半だと感じます。
ですが、当然のことながら毎日患者様が利用したりスタッフが動いたりとクリニックの中は見るからに傷んできます。

「そろそろ子に継がせようと考えている。」 「クロス壁紙が剥がれてきているが、見て見ぬふりをしている。」
「スタッフにリフォームするべきと言われているが、個人的にはまだ大丈夫と思っている。」

そのまま引き渡しても大丈夫ですか? そのまま放置していて思わぬ事故に至らないですか?
そのままリフォームせずに患者様は笑顔で「ありがとう」と感謝してくれますか?


承継を機にイメージを一新させたり、老朽化対策としてリフォームを検討したりするクリニックが増えてきています。
競合との差別化を狙うために時間を削ってでもリフォームする方が増えています。
目指すクリニック像や居心地のよさ、衛生状態や清潔感、スタッフの作業効率UPなどを考えるとキリがありません。
ですが、そのまま放っておく方が思わぬ事態を招く恐れがあります。

「まだいける…!」はいつまで続くのでしょうか?
「あと少し…!」はいつまで持つのでしょうか?

医院やクリニックを数多く携わってきた我々、株式会社アップは
長年培ってきた経験と知識でご予算ご要望にお応えしながら
利便性とデザイン性を重視した空間を提供いたします。
デザインから設計、施工 そしてアフターフォローまで
経験豊かな弊社スタッフが丁寧に全力でサポートいたします。

さいごに

 弊社はデザインから設計、施工そしてアフターフォローまで全て一貫して承っております。
一般的な内装会社とは、デザイン会社、工務店、清掃会社など複数の業種と連携して1つのクリニックを手掛けます。
しかし、弊社はそれらすべてを一社で執り行うことにより、スピーディーに物事をすすめることができます。
CGパースを使用した図面を提示し、契約が締結されると同時に施工を始められます。
また、弊社は清掃業から始めたので「清潔」に対してとても重きを置き責任感を強く感じでいます。
隅々への配慮は当然のことながら、ヒト対ヒトの気遣いにも凄く大切にしています。

 弊社はご要望をヒアリングしながら親身に寄り添い、施主様のご予算に合ったご提案をいたします。
施主様の想いと願いを理解しながら、患者様が落ち着いて過ごせるような内装づくりを心掛けます。
落ち着けるようなシンプルなデザインの内装をご提案したとしても
クリニック本来のイメージを保ちつつ施工するので、仕上がりは他院と差別化された個性的な空間を演出できます。
防音工事やレントゲン設置工事といった他の内装会社ではできない特殊工事も可能です。
数多くのクリニックリフォームを経験した弊社ならではの知見を活用し
患者様ファーストで全力でご提案いたします。

医院の事業継承

医院の事業継承や世代交代を目指す場合、クリニックの外観や内装を変更することがよくあります。
事業継承によって名称が変わる場合や方針や診療科目が変わる場合には、内装のコンセプトやイメージを
変更する必要があります。
また、建物自体の老朽化も考えられるため、外観を含めたリニューアルがオススメされます。

後継者不在

医療業界における後継者不在問題は深刻化しており、診療所の医師の平均年齢は60歳であり
60代以上の割合が半数を占めていることがわかります。
後継者不在率は無床診療所で89.3%、有床診療所で79.3%、全体では86.1%と非常に高く
東北・北海道では92.0%を示しています。

対処する方法として、リフォームや改装を行い医院の価値を高め、後継者に引き継ぐことが望ましいです。
リフォームを行うことで、新しい医師が引き継ぎやすくなり、スムーズな世代交代が可能となります。

よくある質問

Q1: リフォームはなぜ重要ですか?

A1: 患者様の満足度向上や集患・増患に繋がるために非常に重要です。
   内装デザインや清潔感溢れる明るい雰囲気を作り出すことが、患者様の信頼を得るために不可欠です。

Q2: リフォームのタイミングはいつが良いですか?

A2: リフォームのタイミングは、承継を機にイメージを一新させたり、老朽化対策として検討することもあります。また、競合との差別化を狙いたい場合もあります。具体的なタイミングは、医院の状況や目的によって異なります。

Q3: リフォームにはどの点に注意すれば良いですか?

A3: クリニックのリフォームには、患者のプライバシー確保やウイルス感染対策、動線分離型やセミオープンタイプの導入、受付や待合室のデザインと機能性の両立、診察室のスペース配分、衛生状態や清潔感などに注意が必要です。診療科目によっても異なるため、それぞれのクリニックの特性を考慮しながらリフォームを行いましょう。